独立行政法人国立病院機構兵庫中央病院看護部

兵庫中央病院Webサイトへお問合せ資料請求(送料無料)

活躍するナースたち

スペシャリストとして資格を持ったナース達が活躍しています

エキスパートナースの声エキスパートナースの声エキスパートナースの声

兵庫県立大学 出身
H27年4月 入職
南1病棟 (筋ジストロフィー)

1日のスケジュール

看護に熱い先輩ばかりの病棟で、毎日指摘をもらっています。
看護師になろうと思った理由

従妹が看護師として活躍しているのを聞いたのがこの仕事を知るきっかけでした。私自身、人と接するのが好きなので、人と深く関わり、人の役に立つことができるこの仕事に魅かれ、高校生の頃から志すようになりました。

やりがい

患者様と関わる中で「ありがとう」の一言がもらえたり、患者さんに良いケアが提供できたと実感した時にやりがいを感じます。

仕事に対して注意していること

自分の行為が患者様の身体や生命に直結するので、何か不安なことや気になることがあれば必ず一度立ち止まり、先輩に確認するようにしています。

研修について

研修では必要な時期に必要なことが学べます。また、同期生たちと会えるチャンスなので、その時にさまざまな思いを語ったり、何ができるようになったなど近況報告をし合います。

大変なこと

夜勤が入ってくると不規則な勤務になるので、体が慣れず大変ですが、睡眠時間はしっかりとるなど体調管理が大切だと感じます。

印象に残っていること

意思疎通困難な患者様と関わり続け、その患者様の手や口の動きで「ありがとう」といってくれていることがわかった時はとても嬉しかったです。また、つらい時に先輩や同期に支えてもらい、自分一人で看護しているわけではないことを実感したのも印象に残っています。

プリセプターについて

40歳代の子持ちのママさんナースです。「なかなか勤務中にはゆっくり話せないでしょう。何でも書いていいよ」と交換ノートを始めてくれる思いやりのある笑顔の素敵な優しい先輩です。つらいと感じた事をありのままノートに書くと励ましの返事をすぐに返してくれます。時には厳しくもありますが、さまざまなアドバイスをしてくれる心強い存在です。

オフの過ごし方

一人暮らしなので、溜まった家事をしたり買い物に行ったりします。時間が合えば友人とカラオケや映画に行ったり、ご飯にも行きます。実家にも時々帰ります。

1日のスケジュール

仕事が終わった後は家に帰り、その日わからなかったことや先輩に質問されたことを調べています。 
翌日が仕事なら、起きれるよう早々に区切りをつけて寝ています。

大阪医療センター附属看護学校 
出身 H27年4月 入職
南4病棟 (消化器・糖尿病内科)

1日のスケジュール

毎日時間が速く過ぎて。。がんばってます。
看護師にになろうと思ったきっかけ

姉が看護師として働いている姿を見たので、その憧れが強いです。

やりがい

日々できることが増えていくことや、患者さんが治療を行っていくことで回復していく姿をそばで見て感じられることがやりがいにつながっています。

仕事に対して注意していること

わからないことをそのままにせず調べることや、調べてもわからなかったことは先輩に質問をしたり確認をするようにしています。

研修について

月1回は行われる研修で根拠から技術までを学ぶことができます。又、他病棟の同期生と共に研修を行うので良い刺激にもなっています。

大変なこと

限られた時間の中で、優先順位を考えながら看護を行うことが難しいです。一人ひとりの患者さんにより良い看護が提供できるようになりたいです。

印象に残っていること

患者様の状態から予測して看護を行ったり、他職種と連携されている先輩を見てすごいなと感じました。私も入院時から退院を見据えた看護ができるようになりたいです。

プリセプターについて

分からないことや不安なことを聞いてもらったり、定期的に一緒に振り返りをしてもらっています。

オフの過ごし方

実家に帰ったり、友達と遊んだりしています。2日間の連休を生かして友達と旅行へ行ったりもしています。

1日のスケジュール

出勤し、仕事から帰ると、しなければいけないことを済ませ、その日疑問に思ったことや先輩に質問されたことなどを調べたりしています。できるだけその日の疑問はその日に解決するように心がけています。あっという間に一日が過ぎ、とても充実しています。

 

関西看護医療大学 出身
H27年4月 入職
東3病棟(神経・筋疾患)

1日のスケジュール

患者さんや家族さん、先輩方に教えてもらうことばかり。少しずつでも私なりに成長して、みなさんに返していきたいです。
看護師になろうと思ったきっかけ

人のためになる仕事に就きたかったからです。看護師は患者さんの一番近い距離でQOL維持・向上に関わることができ、患者様の回復にも携わることができます。何よりも患者様の笑顔を引き出すことができるすばらしい職であると感じ、看護師になりたいと思いました。

やりがい

患者さんに合わせた体位調整やコミュニケーションなど、最初はできなかった援助が、日々少しずつできるようになり、実際に患者様へ提供できることにやりがいを感じています。

仕事に対して注意していること

疑問があるときはそのままにせず、自分で調べ、それでもわからない際は先輩に聞くようにして間違いなく行えるよう気をつけています。

研修について

実際に臨床で行う前に学習してきた技術を確認できる貴重な場です。同期とも互いに指摘や助言ができとてもいい勉強になります。

大変なこと

患者様の命の重さを感じつつ、看護を行っていくことです。日々、命の尊さを実感しています。

印象に残っていること

初めて病棟へ挨拶に行った時、病棟の雰囲気が明るかったことがとても印象的でした。
先輩方が温かく受け入れてくれ、見守ってくれるので毎日楽しく働いています。

プリセプターについて

この病棟で10年以上勤務している大ベテランの看護師です。よく気にして声をかけてくれ、困っていると助けてくれます。患者様を尊重した関わりや心遣いに尊敬しています。

オフの過ごし方

休日は友達と遊びに行ったり、旅行したりと家から外に出てリフレッシュしています。

1日のスケジュール

朝は寝坊しないように早く起きます。出勤し、勤務が終わると買い物をして家に帰り、好きな音楽を聴きながらのんびり過ごしています。先輩から質問されてわからなかったこと、自分で疑問に思ったことはその日に調べ、スッキリしてから寝るようにしています。