各部門ご案内

TOPページ > 各部門ご案内 > 放射線科

放射線科

放射線科のご案内

当院の放射線科では、あらゆる画像検査を医師と診療放射線技師が一体となって検査から診断まで最新の医療機器により行っています。
我々職員は一日も早い患者さまの回復を願って勤務に従事しています。
検査に関するご質問等気軽にご相談ください。

CT検査

多層同時断層MDCT(multi detector CT)により短時間で高分解能な画像が得られ、そのデータを利用し多方向断面像や3次元立体画像を作成することもでき、診断精度の向上と高齢者に優しい装置です。当院では予約なしで検査を受けていただけます。メタボリックシンドローム(内臓脂肪)の検査も可能です。

平成16年3月に装置更新しました。

CT検査

MRI検査

強い磁力(1.5テスラ)と電波を利用して人体のいろいろな方向の断面像を撮像できる画像診断装置です。脳・脊髄をはじめ全身検査することができ、病気の形態・性状の判断に使用されます。造影剤を使用しないで頭や下肢等の血管を描出することもでき患者さまの負担は少なく情報は多い最新式の装置です。(X線を使用せずCT検査とは異なった情報が得られます。)

平成18年6月に装置更新しました。

MRI検査

核医学検査

放射性医薬品を使って病気の有無を調べる検査方法で、目的の臓器や組織に集まる微量の放射線同位元素を専用のカメラで画像として写し、その画像から臓器の形や動きを解析し、病気の有無を調べる検査方法です。

核医学検査

CR化された一般撮影検査

すべての胸部、腹部、整形領域の撮影はCR(コンビューテッドラジオグラフィー)化され、フィルムはデジタル画像処理により再構成された安定した診断性の高い写真ができます。

CR化された一般撮影検査

上・下部消化管造影検査

バリウム等の造影剤を飲んで胃や腸の検査をする一般的な検査方法です。

上・下部消化管造営検査

血管連続撮影装置

全身の血管を撮影することができるデジタル撮影装置で、当院では主に肝臓の病気、下肢の動脈や静脈の診断、治療(IVR)を行っています。

血管連続撮影装置

骨密度測定検査

骨粗鬆症の診断に最適な検査です。高齢者及び閉経後の女性の骨密度の変化を調べ骨折の予防に役立てます。5分くらいの簡単な検査です。

骨密度測定検査

検査予約・受付の方法

外来を受診されたあとに検査予約していただく場合と、他院を受診された後に検査予約していただく場合があります。
兵庫中央病院地域医療連絡室をご利用いただくか、直接放射線科窓口に直接電話をしていただいても結構です。

地域医療連絡室専用電話:0120-62-2125
専用FAX:079-563-4646
放射線科直接窓口:079-563-2121(内線570)

受付は平日8:30から17:15まで(土、日、祝日は除く)

〒669-1592 兵庫県三田市大原1314

TEL:079-563-2121(代表) 079-563-2124(夜間)