各部門ご案内

TOPページ > 各部門ご案内 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科には、リハビリテーション科医長2名、理学療法士6名、作業療法士3名、言語聴覚士1名、助手1名が配置されております。医長の診察で、各療法の適応の有無を判定し、治療内容が決定され処方がでます。各療法の実施を通して、皆様のニーズに応じた治療・援助を行います。

 理学療法の目的は「身体に障害のある者に対して、主として基本的動作能力の回復を図る」とされています。基本的動作能力とは寝返り・起き上がり・座位保持・立ち上がり・立位保持・歩行などを指します。関節可動域運動、筋力増強運動、歩行練習、基本的動作練習を実施したりすることで、基本的動作の獲得を目指します。関節可動域運動、筋力増強運動、歩行練習、基本的動作練習を実施したりすることで、基本的動作の獲得を目指します。
 作業療法の目的は、「身体又は精神に障害のある者に対し、主として応用的動作能力の回復を図ること」とされています。

リハビリテーション科
 応用的動作能力とは食事・更衣・排泄・入浴等、日常生活で行う動作全般を指します。手芸、工作、その他の作業を治療的に用いたり、日常生活動作の練習・工夫をすることで応用的動作能力や社会的適応能力の獲得を目指します。
 言語聴覚療法の目的は、「音声機能・言語機能又は聴覚に障害のある者に対して、その機能の維持向上を図ること」とされています。当院では、言語障害、摂食・嚥下障害、高次脳神経機能低下の改善を目的として、訓練・指導を行います。また、摂食・嚥下障害については、医師による嚥下造影検査等を実施した後に、看護師・管理栄養士・理学療法士・作業療法士等と協力して、患者様の摂食・嚥下機能の改善を目指します。

対 象 と な る 疾 患
整形外科骨折、変形性関節症など
神経内科 パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、脳卒中
筋ジストロフィー、重症心身障害児(者)
呼吸器内科 肺気腫、肺結核後遺症を含む慢性呼吸不全など
内  科
外  科

当科受診の手続き

希望の方は対象となる診療科を外来受診していただきます。 詳しくは医事課受付にお問い合わせください。

〒669-1592 兵庫県三田市大原1314

TEL:079-563-2121(代表) 079-563-2124(夜間)