プロペシアジェネリックとは?海外製(通販)と国産(病院)の違い

AGA治療の定番であるプロペシア。

98%もの優れた有効性がある反面、その効果を実感するには少なくとも半年以上は飲み続けなければなりません。
長期間の服用を継続する上で、どうしても気になるのが費用面での負担です。

そこでおすすめなのが、プロペシアジェネリックです。
プロペシアと同じ有効成分、同じ効き目を持ちながら、プロペシアジェネリックなら約1/8もの低価格で購入できます。

そもそもプロペシアジェネリックとは

プロペシアジェネリックの”ジェネリック”とは、一言で表すと後発医薬品のことです。
新しい医薬品が開発されたとき、その新薬を開発した製薬会社が特許を取り、25年の間は独占的に製造販売を行います。

しかし特許が切れた後には、別の製薬会社が新薬と同じ成分・製法で医薬品を作ることが可能になります。

この医薬品が、後発医薬品=ジェネリックです。

プロペシアのジェネリックは、国内では2015年にファイザー社から初めて販売が開始されました。
また海外においても、インドを中心とした多くの製薬会社からプロペシアジェネリックが販売されています。

プロペシアジェネリックには2種類が存在する

プロペシアジェネリックは、いまや多くの製薬会社から販売されています。
一口にプロペシアジェネリックといえど多数存在していますが、大きく2種類に分かれるのです。

・国産プロペシアジェネリック
・海外産プロペシアジェネリック

プロペシアジェネリックを製造しているのは、日本の製薬会社だけではありません。
海外にある製薬会社からも様々なプロペシアジェネリックが登場し、市場に出回っているのです。

国産ジェネリックと海外製ジェネリックの違い

プロペシアジェネリックには大きく国産と海外産の2種類がありますが、それぞれに違いはあるのでしょうか。
まずは、こちらの表をご覧ください。

※比較対象
海外産:価格の一番安いフィナクス
国産: 東京の代表的なクリニックのフィナステリド錠1㎎「ファイザー」

海外産 国産
薬代(1ヵ月分&1錠) 30錠 1,280円
1錠 42円
28錠 4,900円
1錠 175円
入手方法 通販(個人輸入) クリニック処方
届くまでの時間 1~2週間 即日
割引 180錠6,980円
その他キャンペーンなどあり
140錠22,500円
諸費用 薬代のみ(送料がかかる場合も) 初診・再診・検査代がかかる場合も

国産だろうと海外産であろうと、プロペシアジェネリックの有効成分は全て同じフィナステリドです。

そのためAGA治療薬としての効果や安全性に違いはなく、どちらを服用しても薄毛や抜け毛の改善に役立てることができます。

しかし国産ジェネリックは主に病院、海外産ジェネリックは海外通販と、購入方法が異なることが大きな違いです。
またそれぞれの価格にも、大きな違いがあります。

プロペシアとの違い

プロペシアジェネリックは、プロペシアと同じ「フィナステリド」という有効成分を含んでいます。

1錠に含まれる成分量も同じ1mgのため、ジェネリックだからといって効き目や副作用に変化はありません。

大きく違うのは、価格の部分です。

プロペシアとジェネリックの価格を、以下の表で比較してみました。

プロペシア 国産ジェネリック 海外産ジェネリック
1箱(28錠) 7,000円~10,000円 4,500円~5,000円 1,200円~2,900円
1錠 250円~357円 160円~178円 42~103円
※表は右に横スクロールできます。

上記のように、ジェネリックは先発医薬品のプロペシアに比べ非常に安く購入できることが分かります。

さらにプロペシアの使用が推奨されている半年分で比較すると、以下のようになります。

◆半年分の薬代
プロペシア:60,000円
国産ジェネリック:30,000円
海外産ジェネリック:17,400円

ジェネリックを選ぶことで、半年で30,000円以上もお得にAGA治療をすることが可能になります。

費用面を重視する方は、特に海外産ジェネリックがオススメです。

1箱1,200円~という破格の安さに加え、病院処方でかかる診察料などの諸費用もかかりません。

長く治療を続けるためにも、可能な限り安く購入できる方法を試してみてはいかがでしょうか。

なぜジェネリックは安いのか

プロペシアジェネリックは新薬であるプロペシアと同等の品質がありながら、プロペシアよりも安い価格で入手できます。
その理由は、先発医薬品より開発コストがかからないことにあります。

以下の表で、開発に必要な期間と費用を比較してみました。

先発医薬品 ジェネリック
開発期間 9~17年 3~4年
開発費用 数百億円~千億円 1億円
※表は右に横スクロールできます。

ジェネリックは、先発医薬品に比べより短い期間&少ないコストで開発できることが分かります。

すでに安全性が確かめられた有効成分を使うため、開発期間やコストを少なくできるのです。

そしてコストを抑えられた分、低価格での販売が可能になります。

ジェネリックの安さに「安かろう悪かろう」と思うかもしれませんが、含まれる成分や安全性は先発薬と変わらないため安心して使用してください。

ちなみに日本のジェネリックに比べて海外製の方が安いのは、保険制度が関係しています。

日本は保険制度が充実していて病院へ行っても3割~1割負担で済みます。

アメリカなど海外では公的医療保険に入れる人は限られているため、例えば貧血で数日入院しただけでも200万円以上になるなど、医療費はかなり高額です。

海外では少しでも費用を安く抑えるため、使われる薬はジェネリックが主流です。

また、日本では処方されないと買えない医薬品も処方箋なしでドラッグストアで安く買うことができます。

少しでも医療費を抑えるために病院へ行かず、店頭で安いジェネリックを購入しているということですね。

参考サイト
日本ジェネリック製薬協会 |1. ジェネリック医薬品を知りたい方へ

プロペシアジェネリックの購入方法


プロペシアジェネリックは「病院やクリニックで処方してもらう」、「海外通販で購入する」という2つの購入方法があります。
また購入方法によって、入手できるプロペシアジェネリックの種類を筆頭に様々な違いが見られます。

病院処方 海外通販
種類 国産ジェネリック 海外産ジェネリック
薬代目安 4,000円~6,000円 1,280円~1,350円
診察の有無
届くまでの日数 即日入手可 支払い後1~2週間

※価格は約1ヶ月分(30錠)の目安です。

価格が安く、診察もないため手軽に購入できるのが海外通販。
対して、即日で入手できるのが病院処方の特徴です。

以下ではさらに、2つの購入方法について詳しく説明していきます。

購入方法①:病院やクリニックで処方してもらう

プロペシアジェネリックは薄毛治療を行っている皮膚科や美容クリニック、またAGAクリニックなどで処方してもらうことができます。
取り扱っているのは主に、国産のプロペシアジェネリックです。

医師に相談できる、即日で購入できることが病院処方のメリットなので、初めてプロペシアジェネリックを服用する方お急ぎの方は病院やクリニックで処方してもらうと良いかもしれません。

ただしプロペシアジェネリックには保険が適用されず、病院やクリニックでは比較的高額になります。
値段を抑えたい方は安い病院を探したり、あるいは海外通販から購入したりすると良いでしょう。

購入方法②:海外通販で購入する

プロペシアジェネリックの2つ目の購入方法が、海外通販です。
海外通販では、海外の製薬会社が販売しているプロペシアジェネリックが購入できます。

病院処方より値段が圧倒的に安く、また通院や診察の手間も無いなどのメリットがあるため海外通販からプロペシアジェネリックを購入する方も多いです。

しかし実際に商品が手元に届くまでに、代金の支払いから1~2週間ほどの日数がかかります。
すぐには入手できないので、海外通販からプロペシアジェネリックを購入する際は早めの注文がポイントです。

プロペシアジェネリックの選び方


続いて「プロペシアジェネリックの選び方」について解説していきます。

国産も海外産もプロペシアと同じ有効成分が含まれているため、効果や副作用などは変わりません。

ですので「何を重視するか」で選ぶことをおすすめしております。

今回は「国産が向いている人」と「海外産が向いている人」の2つに分けて、詳しく解説していきたいと思います。

国産プロペシアジェネリックが向いている人

以下に当てはまる方は、海外産ではなく国産のプロペシアジェネリックが向いています。

国産が向いている人
・海外産を服用するのが不安
・プロペシアを初めて服用する
・医師に相談して決めたい

国産ジェネリックは有効成分がどれも同じなため、得られる効果に違いはありません。
そのため国産ジェネリックを選ぶ際は、種類よりも価格で判断することがおすすめです。

国産ジェネリックの価格は、取り扱っている病院により数千円程度のバラつきがあります。
薄毛治療は保険が効かない自由診療になり、処方される国産ジェネリックの価格も病院側が自由に設定できるためです。

そのため病院に行く前に、最安値でプロペシアジェネリックを購入できる病院をリサーチしておきましょう。

海外産プロペシアジェネリックが向いている人

以下に当てはまる方は、国産ではなく海外産のプロペシアジェネリックが向いています。

海外産が向いている人
・とにかく安く購入したい
・海外産でも気にならない
・多くの種類から選びたい

海外産プロペシアジェネリックの選び方は、人気度知名度で選ぶことをおすすめします。

国産と同様に得られる効果はどれも同じですが、海外産ジェネリックは自分で購入する商品を選ぶ必要があります。
しかし多くの種類がある中、自分で選ぶとなればどれが良いのか迷ってしまうかもしれません。

そのため「良く売れている商品」であれば、買い物に失敗することは少ないはずです。
良く売れている商品を手っ取り早く確認したい方は、以下を参考にしてください。

国産プロペシアジェネリックの一覧

国内で製造しているプロぺシアを一覧で紹介します。
国内ではジェネリック医薬品を「成分名+メーカー名」で表記しています。

【例】プロペシアジェネリックの場合、「フィナステリド錠+メーカー名」

製造元 用量 販売名
沢井製薬株式会社 0.2mg・1mg フィナステリド錠「サワイ」
ファイザー株式会社 0.2mg・1mg フィナステリド錠「ファイザー」
東和薬品株式会社 0.2mg・1mg フィナステリド錠「トーワ」
武田テバファーマ株式会社 0.2mg・1mg フィナステリド錠「武田テバ」
シオノケミカル株式会社 0.2mg・1mg フィナステリド錠「SN」
大興製薬株式会社 0.2mg・1mg フィナステリド錠「クラシエ」
富士学工業株式会社 0.2mg・1mg フィナステリド錠「FCI」
小林化工株式会社 0.2mg・1mg フィナステリド錠「SKI」
辰巳化学株式会社 1mg フィナステリド錠「TCK」
※表は右に横スクロールできます。

どれも同じフィナステリドを主成分としているので、安全性、効果や効能も同等です。
価格は自由診療のためクリニックによって異なります。

フィナステリド錠の国内相場は1ヶ月分で、4,000~6,000円になります。
※当サイト調査

おすすめの国産ジェネリックは?

国産のプロペシアジェネリックには多数の種類がありますが、どれも効果や安全性に関する違いはありません。
ただし価格面では、取り扱っている病院により数千円程度のバラつきがあります。

とはいえ種類による効果や価格などの優劣はないので、国産ジェネリックについて特におすすめのものはありません
逆に言えばどの国産ジェネリックを選んでも、同じようにAGA治療に取り組むことができます。

国産ジェネリックは通販や薬局で購入できる?

国産のプロペシアジェネリックは、国内の様々な製薬会社から販売されています。
しかしどの国産ジェネリックも、通販や薬局では購入することができません

日本では、プロペシアジェネリックは「医療用医薬品」に分類されます。
医療用医薬品は医師が出した処方せんをもとに、薬剤師が調剤して渡される薬の総称です。

そのため国産のプロペシアジェネリックを購入するには処方せんが必要になり、通販や薬局などで市販することはできないのです。

国産プロペシアジェネリックを使用した人の口コミ

いかにジェネリックといえど、病院ではプロペシアジェネリックには保険が適用されず、比較的高額です。
値段が高いため「本当に効くの?」と不安に思い、薄毛や抜け毛に悩んでいながらも敬遠する方もいらっしゃいます。
そこで、国産のプロペシアジェネリックを使用している人の口コミを集めてみました。

プロペシアジェネリックを服用した方の口コミを見ると、多くの方が効果を実感しています。
しかし一方では、病院処方におけるプロペシアジェネリックの値段の高さに関する指摘も見られました。

繰り返しになりますがプロペシアジェネリックは保険が適用されず、病院では高額になります。
また効果を実感するためには最低でも半年以上は飲み続ける必要があり、AGAを治すためにかかる治療費総額は大きく膨れ上がってしまいます。

そのため値段を抑えるため、病院処方から値段が安い海外通販に切り替える方も多いようです。

海外産プロペシアジェネリックの一覧

商品画像 商品名 1箱(30錠) 1錠 購入リンク
フィンペシア 1,350円 45円 購入する
フィナクス 1,280円 42円 購入する
ハリフィン 2,900円 96円 購入する
フィナロ 4,250円
(100錠)
42円 購入する
フィナックス 1,580円 52円 購入する
フィナロイド 4,950円
(100錠)
49円 購入する
フィナスト(5㎎) 2,940円 98円 購入する
フィンカー(5㎎) 2,700円 90円 購入する
※表は右に横スクロールできます。

フィナステリドは1日1㎎が上限とされています

フィナステリド5㎎はAGA治療のためには多いので、カットして服用するなど用量を減らさなければいけません。

※フィナステリドは海外では元々前立腺肥大症の治療薬として承認されています。
管理人の推測ですが、5㎎は前立腺肥大症の治療として使われているフィナステリドだと考えられます。

上表のように、海外産プロペシアジェネリックは色々なメーカーから販売されています。
どれも同じフィナステリドを主成分としているため、効果や安全性は同じです。

管理人おすすめのプロペシアジェネリック

海外産のプロペシアジェネリックにもたくさんの種類がありますが、効果や安全性には違いがありません。
しかし海外産ジェネリックは病院を介さずに購入できますが、裏を返せば自分で選ぶ必要があります。
たくさんの種類があるので、どの海外産ジェネリックを選べばいいのか迷う方も多いはずです、
そこで、ここでは管理人おすすめのプロペシアジェネリックをご紹介していきます。

フィンペシア


海外産のプロペシアジェネリックの中で、特に有名なのがフィンペシアです。

シプラ社というインドの製薬会社が作っているのですが、シプラ社はジェネリック製品に長けており、グローバルに活躍しています。

価格も安く、初めてプロペシアジェネリックを通販で購入する方におすすめです。

フィナクス

フィナクスは海外産なのに日本語のパッケージが親近感を覚える海外産プロペシアジェネリックです。

インドのレクメズ社の商品なのですが、日本人スタッフが一部監修に入ってるそうなのでこのようなパッケージなっています。

更にフィナクスは私が知る限りで、通販サイトで販売されているプロペシアジェネリックの中で一番安かったです。

フィナロ

フィナロはフィンペシア同様知名度が高く、多くの通販サイト(個人輸入代行)で取り扱っているのを見かけます。

インドのインタスファーマ社が販売していて、この製薬会社もグローバルに活躍しています。

海外産プロペシアジェネリックは1箱30錠で販売されているのがほとんどですが、フィナロは100錠単位で販売されています。
AGA治療は継続が必要なので、100錠単位だとすぐなくなることもないので、大変便利です。

フィンペシア×ミノキシジルセット

プロペシアの有効成分「フィナステリド」はヘアサイクルを整え、周期を正すことで抜け毛を防ぐ役割がありますが、発毛効果はありません。
しかし+αで発毛効果が期待できるミノキシジルと一緒に使うことで、より効果的な薄毛治療を行うことが出来ます。

ミノキシジルは国内ではリアップなど外用薬(塗り薬)が有名ですが、海外通販を使えば海外製の外用薬の「ロゲイン」のほか、ミノキシジルタブレットと呼ばれる内服薬(飲み薬)も購入できます。

ポイント!

・プロペシア→抜け毛を防ぐ
・ミノキシジル→発毛を促す

フィンペシアとミノキシジルタブレットのお得なセットもご紹介しておきます。

海外製ジェネリックは安全?

結論から言うと、海外産のプロペシアジェネリックは安全です。

海外産にもプロペシアの有効成分「フィナステリド」が含まれているため、国産と同等の安全性と効果が得られます。

ではなぜ、海外産プロペシアジェネリックは危険と言われているのか?

それは以下のような噂が1人歩きしているからです。

危険な噂の詳細
・発がん性物質について
・偽物の危険性について

現状はどちらも全く問題ありませんが、海外産の利用を検討している方は、一応頭の片隅に入れておいてください。

それでは1つずつ、簡単に解説していきます。

発がん性物質

一時期、海外産プロペシアジェネリックである「フィンペシア」に、キノリンイエローという着色料が使用されていました。

このキノリンイエローに「発がん性がある」と噂され、その噂を信じる方が多くなり、「海外産=危険」と言われるようになりました。

ですがご安心ください。

2021年2月現在、フィンペシアにキノリンイエローは使用されていません。

またフィンペシア以外にキノリンイエローは使用していないため、どの海外産プロペシアジェネリックでも安全に服用できます

偽造品

私は見たことありませんが、「プロペシアジェネリックには偽物が存在する」と言われています。

偽物が存在すると言われている理由ですが、以下の3つが考えられます。

偽物が存在すると言われる理由
・病院やクリニックの自作自演
・効果がない=偽物と勘違いしている
・※海外でプロペシアに偽物が発見された

※国内でプロペシアの偽物が発見された情報はありませんでした。

私は何年も海外産プロペシアジェネリックを使用していますが、実際にAGAが改善されているため偽物を購入した事は一度もありません。

ですが念には念を入れて、安全に購入できる通販サイトを選ぶようにしましょう。

海外産プロペシアジェネリックを使用した人の口コミ

海外産ジェネリックは、通販での購入だけに「本当に効果があるのか」と不安になる方も少なくありません。

ここでは、海外産ジェネリックを実際に使用した人の口コミをご紹介します。

ECサイトの口コミ

まとさん(21歳)
★★★★★
自分が若ハゲだと気づいてから半年ほど悩み、遂にこちらのサイトにてミノタブと一緒に購入しました。ミノキシジルを2.5mgで2週間テスト服用し、5mgに増量したタイミングでフィンペシアを1mg服用しました。 効果は劇的で、元々多めだった多皮脂が改善し、まだ太い毛にはなっていませんがm字の産毛が生えてきています。 初期脱毛と見られる抜け毛が始まっていますが、効いている証だとのこと。 効果が目に見える3ヶ月以降が楽しみです!

お薬なびの口コミ参照

匿名希望さん(30代)
★★☆☆☆
コスト的な面でとても助かりました。 しかし私には合わないようで、副作用は出なかったのですが、その分?効果が薄なったです。

あんしん通販マートの口コミ参照

匿名希望さん(50代)
★★★☆☆
コロナの影響で今回はかなり遅くなりましたが何とか届きました。メールで問い合わせし、直ぐにお返事もいただきました。ありがとうございました。配送も今回については大変だったかと思いますが、私は髪の薬を継続して飲んでいますので薬が切れてしまい不安になっていました。
前回まではフィンペシアを飲んでいましたが、納品の目処が不明とメッセージにありましたので代替えとして今回はフィナロを注文しました。フィナロはレビューも少なく不安ですが、まずは再開していきます。

ベストケンコーの口コミ参照

Twitterの口コミ

Instagramの口コミ

口コミのまとめ

ECサイト、SNSからプロペシアジェネリックについての口コミをご紹介しました。

その多くが「効果が感じられた」というポジティブな意見ばかりでした。

一方、全体の1割程度で「体質に合わない」「届くのが遅い」などのネガティブな意見も見られました。

現在新型コロナウイルスの影響により、ほとんどのサイトで配送が遅延しているようです。

予め余裕をもって何ヵ月分とまとめ買いをしておくことをオススメします。

ちなみに、数あるジェネリックのなかでも特にフィンペシアに関する口コミが多かったように思います。

YouTubeでは「15年間フィンペシア飲み続けた結果」などのレビューも上がっていましたので、こちらもぜひチェックしてください。

本気で薄毛治療をするなら海外産ジェネリックがおすすめ

プロペシアジェネリックは多くの製薬会社から販売されていますが、それらは国内産・海外産の2つに分かれます。
どちらも効果や安全性といった品質面では違いは無いものの、価格面では大きな開きがあるのです。

薄毛治療はどのような治療薬を使用するかはもちろん重要ですが、最も大切なのは治療を続けることです。
しかし治療を続けるためには費用がかかってしまい、金銭的な問題で薄毛治療を断念する方も少なくありません。

そこで本気で薄毛治療をするなら、当サイトでは値段が安く、続けやすい海外産ジェネリックをおすすめします。
海外産ジェネリックは海外通販サイトから購入可能なため、薄毛や抜け毛にお悩みの方はまずサイトを覗いてみてください。